資格取得と資料請求なら資格オールナビ

海事代理士<資格オールナビ>


| HOME > 資格一覧車両・航空・船舶 >海事代理士

海事代理士


海事代理士とは
海運業者など他者からの委託により、行政機関に対して、海事関係諸法令の規定に基づく申請、届出、登記やその他の手続き、又はこれらの手続きに関する書類の作成を代行できる資格です。試験に合格後、海事代理士として登録することが必要です。

資格取得のメリット
海を舞台にした専門職です。海を仕事場にしている人たちに代わって、必要な申請や手続きを代行をする仕事なので開業や独立も可能です。信頼を得られ、実績を積めば一生の仕事になります。また、海運業界などへの就職や転職にも有利です。

資格の種類
国家資格  業務独占

難易度 難易度 普通 合格率 合格率 4

受験資格 誰でも受験できます。
但し、試験に合格しても海事代理士法第3条に規定する欠格事由に該当する者は、海事代理士の登録ができません。
受験資格 □ 筆記試験
@ 一般法律常識(概括的問題)
・ 憲法
・ 民法
・ 商法(第3編「海商」のみ対象)
A 海事法令(専門的問題)
・ 国土交通省設置法
・ 船舶法
・ 船舶安全法
・ 船舶のトン数の測度に関する法律
・ 船員法
・ 船員職業安定法
・ 船舶職員及び小型船舶操縦者法
・ 海上運送法
・ 港湾運送事業法
・ 内航海運業法
・ 港則法
・ 海上交通安全法
・ 造船法
・ 海洋汚染等及び海上災害の防止に関す
  る法律
・ 国際航海船舶及び国際港湾施設の保安
  の確保等に関する法律(国際港湾施設
  に係る部分を除く)及びこれらの法律
  に基づく命令

□ 口述試験
@ 海事法令
・ 船舶法、船舶安全法、船員法、船舶職
  員及び小型船舶操縦者法など
試験日 □ 筆記試験 9月
□ 口述試験 11月
受験料 6,800円
試験地 □ 筆記試験
札幌市 仙台市 横浜市 新潟市 名古屋市 大阪市 神戸市 広島市 高松市 福岡市 那覇

□ 口述試験 東京都
申込み期間 8月上旬〜下旬
問い合せ先 国土交通省 海事局海事人材政策課海事振興企画室海事係

URL http://www.mlit.go.jp/