資格取得と資料請求なら資格オールナビ

自転車安全整備士<資格オールナビ>


| HOME > 資格一覧車両・航空・船舶 >自転車安全整備士

自転車安全整備士


自転車安全整備士とは
自転車の専門的な技能をもち、点検・整備を行い事故を未然に防ぎ、利用者に交通安全の指導をする自転車のスペシャリストです。試験に合格すると自転車安全整備士として、道路交通法令に定められた大きさ、構造、性能等の基準に適合した安全な普通自転車であることの印としてTSマークを点検・整備した自転車に貼る事ができます。

資格取得のメリット
独立して自転車店を開業したい方は取って置くべき資格です。自転車での事故やマナーが問題となっている現在では、点検や整備のみならず、交通指導やTSマークは必須です。

*TSマークとは、
自転車安全整備士が点検整備した普通自転車に貼付できるマークです。TSマークには付帯保険がついており、もしもの時に、傷害補償や賠償責任補償が受けられます。青色と赤色があり、付帯保険の補償額が異なります。付帯保険の有効期間は点検の日から1年です。

資格の種類
民間資格

難易度 難易度 普通 合格率 合格率 7

受験資格 @18歳以上。
A自転車の安全利用に関する指導及び自
 転車の点検整備に関し、2年以上の実
 務経験がある者。
試験内容 試験は、学科・実技・面接が行われます。

□ 学科試験
T 自転車の構造及び機能に関する知識
U 自転車の点検及び整備に関する知識
V 自転車の安全利用の指導に関する知識

実技試験には、受験要項の仕様に適合する市販のスポーツ車(マウンテンバイク類形車を含む)又はマウンテンバイクの新車と使用する工具は持参する。
□ 実技試験
T 準備作業
U 分解(制限時間25分間)
V 組立(制限時間80分間)

□ 面接試験 1人5分間程度
T 自転車の安全利用に関する正しい知識
 を要領よく表現できるか
U 自転車利用者に応じた的確な指導をで
 きるか
試験日 8月
受験料 18,900円
試験地 北海道 埼玉県 滋賀県 広島県 香川県
宮城県 千葉県 愛知県 大阪府 茨城県
東京都 福岡県
申込み期間 6月上旬〜中旬
問い合せ先 (財) 日本交通管理技術協会

URL http://www.tmt.or.jp/