資格取得と資料請求なら資格オールナビ

建築設備検査資格者<資格オールナビ>


| HOME > 資格一覧安全管理・危険物取扱>建築設備検査資格者

建築設備検査資格者


建築設備検査資格者とは
病院や学校、デパート、ホテル、マンションなど、多くの人が利用する建物では、利用者の安全を図るため建築設備の検査を定期的に受けることが義務付けられている。定期的検査を行い、特定行政庁に報告することのできる資格です。

資格取得のメリット
専門的知識と実務経験が必要な業務独占資格なので、業務拡張や建設業界で働く人のキャリアアップに。

資格の種類
国家資格  業務独占

難易度 難易度 普通 合格率 非公開

受講資格 T 建設設備に関して11年以上の実務経
  験がある者。

U 建築学、機械工学、電気工学に関する
  課程を修めて各学校を卒業後、建築設
  備に関し一定年数以上の実務経験があ
  る者
@ 大学卒業後、実務経験2年以上
A 修業年限3年の短期大学卒業後、実務
  経験3年以上
B Aを除く短期大学、高等専門学校卒業
  後、実務経験4年以上
C 高等学校卒業後、実務経験7年以上

V 建築設備に関する建築行政の実務経験
  2年以上

W 1・2級建築士、建築基準適合判定資
  格、建築設備士の有資格者
講習内容 @ 建築設備定期検査制度総論
A 建築設備に関する建築基準法令など
B 建築学概論
C 換気・空気調和設備
D 排煙設備
E 電気設備
F 給排水衛生設備
G 建築設備の耐震規制・設計指針
H 建築設備定期検査業務基準
I 建築設備に関する維持保全
J 修了考査

講習を受講し、修了考査に合格して建築設備検査資格者となる
講習日 9月〜12月頃
受験料 50,400円(テキスト代込み)
開催地 東京  名古屋  大阪
申込み期間 6月〜7月
問い合せ先 (財)日本建築設備・昇降機センター

URL http:/www.beec.or.jp/