資格取得と資料請求なら資格オールナビ

衛生工学衛生管理者<資格オールナビ>


| HOME > 資格一覧安全管理・危険物取扱>衛生工学衛生管理者

衛生工学衛生管理者


衛生工学衛生管理者とは
有毒ガス、蒸気、粉じんその他による健康障害を防止し、作業環境を改善し、衛生工学的対策をする。

資格取得のメリット
労働者500人以上で有害業務に常時30人以上が従事する事業所では、衛生工学衛生管理者の資格を持つ者の選任が義務付けられている。

資格の種類
国家資格

難易度 難易度 普通 合格率 合格率 50

受講資格 T 大学、短大または高専で工学または理
  学に関する課程を修めて卒業した者

U 職業能力開発大学校で長期課程の指導
  員訓練を修了した者

V 第1種衛生管理者、労働衛生コンサル
  タント、作業環境測定士の資格を有す
  る者
講習内容 @労働基準法 (2時間)
A労働安全衛生法 (6時間)
B労働衛生工学に関する知識 (16時間)
C職業性疾患の管理に関する知識 
 (7時間)
D労働生理に関する知識 (2時間)

講習修了後に行われる学科試験に合格後、免許申請書を住所を管轄する都道府県労働局長に提出する。
試験日 2ヶ月に1度くらい
5日間の予定で開催されるが、所持している資格などによって4日、2日コースがある。
受験料 5日間コースの場合 108,000円
4日コース  81,000円
2日コース  44,000円
試験地 東京  大阪
申込み期間 開講日の20日前まで
問い合わせ先 東京安全衛生教育センター

URL http://www.jisha.or.jp/tshec/