資格取得と資料請求なら資格オールナビ

特殊建築物等調査資格者<資格オールナビ>


| HOME > 資格一覧安全管理・危険物取扱>特殊建築物等調査資格者

特殊建築物等調査資格者


特殊建築物等調査資格者とは
病院やホテル、百貨店・映画館など不特定多数の人が利用する建物の敷地、構造、設備などを定期的に調査する資格です。特殊建築物等調査資格者による定期的調査は法律で義務付けられています。

資格取得のメリット
業務独占資格なので、建設業界なので働く人にはキャリアアップや社内での高評価が期待できます。

資格の種類
公的資格  業務独占

難易度 難易度 難関 合格率 非公開

受講資格 T建築・土木・機械・電気などに関する課
 程を修めて
@ 大学卒業後、実務経験2年以上
A 修業年限3年以上の短期大学卒業後、
  実務経験3年以上
B 短期大学、高等専門学校卒業後、実務
  経験4年以上
C 高等学校卒業後、実務経験7年以上

U実務経験のみ11年以上

V建築行政に関して、実務経験2年以上

W消防吏員として火災予防業務の実務経験5年以上 など
講習内容 @ 特殊建築物等定期調査制度総論
A 建築学概論
B 建築基準法令の構成と概要
C 特殊建築物等の維持保全
D 建築構造
E 防火・避難
F その他の事故防止
G 特殊建築物等調査業務基準
H 修了考査
講習期日日 9月〜12月(年5回)
受験料 49,350円(予定)
開講地 東京  大阪  名古屋  福岡
申込み期間 6月中旬〜開講3週間前
問い合せ先 (財)日本建築防災協会

URL http:/www.kenchiku-bosai.or.jp/